猫と見たもの聞いたもの

ウチの猫たちの事などを、のんびりダラダラ書いてっております。

写真集Illuminance

hon.jpg

何回も眺めたくなる好きな写真家さん(川内倫子さん)の本。

撮られてるのは日常風景のはずなのに
この方の写真を眺めてると、心がそわそわするというか
ふだん忘れてる感覚や感情を思い出します。
心臓がぎゅっとするような
多感な10代20代の頃の気持ちとか、
子供の頃のなつかしくて無防備な感情とか、
それから実家の家族への気持ちとか。

あと、生々しい感覚とか。。うまく言えませんが色々。


先日入ったギャラリーの入り口に、
「写真家とは、特別な目を持った人」・・・という内容の事書いてあって
確かにそうだなあって思った。



  1. 2012/01/28(土) |
  2. photo
  3. | TB:0
ホーム

FC2Ad