猫と見たもの聞いたもの

ウチの猫たちの事などを、のんびりダラダラ書いてっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

「2001年宇宙の旅」

2001M.jpg

小説アーサー・C・クラーク
脚本監督スタンリー・キューブリック

SF映画の金字塔と呼ばれている作品。

400万年前、人類がまだ猿人だった時代
ナゾの石碑が何者かによって地球に埋められます。
その物体(第一のモノリス)から出る光に影響を受けた
一匹の猿人が道具を使う事を発見し、
そこから殺戮の歴史も始まります。
時は流れ2001年、宇宙で生活する文明を持つまでになった人類。
昔、猿人が空に放り投げた動物の骨は
宇宙船に姿を変えていました。
アメリカのフロイド博士はナゾの石碑
(第二のモノリス)の調査を依頼され
月に向かいます。彼らに発掘されて太陽光を浴びた
その石碑は木星に向かって再び光を発しました。
その何ヶ月か後、今度は数名のクルーと
人口知能コンピュータHAL9000をのせた
ディスカバリー号が木星に向かって出発します。
HAL以外に今回の探査の真意
(木星にある第三のモノリスの調査)を知る者はいません。
その重圧に耐えかねたのか、
HALは誤作動を起こしクルー達を殺し始めます。
生き残った船長はHALの思考を停止しようとするのですが・・。

映画の中で人間は、最初は道具を使い、
しだいに道具(コンピュータ)に使われるようになり
最後は道具を捨てて、
光の生命体(スターチャイルド)へと変わっていきます。
最先端文明への賛美みたいな話かと思ってたら、
もっと大きな視点(宇宙?)から
人間の物質依存を批判してるようで、ちょっとこわかった。

何でも、この話には続編小説があるらしく
死んだはずのクルーが再登場したりするみたいです。
また、HAL9000に妹(SAL9000)がいたりとか。
そもそもストレスで被害妄想に陥るコンピュータって
どうよ、と思ってたのに肉親までいたとはビックリです。

ところで、この映画は子供のころ
よくテレビでやっていたにも係わらず
まともに見たのはつい最近でした。
最初の感想は、「!?」。
宇宙に浮かぶスターチャイルドが出てきた時には
なんで、いきなり地球の周りにでっかい赤ん坊が
浮かんでいるんだと意味がわかりませんでした。

なので突っ込んだ内容までは、理解不能ですが
そんな私でも楽しめるくらい映像は美しかったです。
1968年制作当時、今みたいなCG技術はなかったハズなのに
宇宙空間がリアルなのには驚きです。
科学的検証に基づいて作られたらしく
他のSFとは正確さに置いて一線を画しているんだそうです。

また、『美しき青きドナウ』等をBGMに描写される
船内のファッション、インテリアも細部までおしゃれでした。
昔のSF映画ならではの安っぽさがありません。
特に白く無機質な空間に整然と並べられた
真っ赤なソファ(オリビエ・ムルグという人が製作した
ジン・チェアという作品らしいです)は印象的です。

宇宙空間、無重力空間でのカメラワークや構図も斬新で
映画というより写真集のようでした。




2001年宇宙の旅 特別版【ワイド版】2001年宇宙の旅 特別版【ワイド版】
キア・デュリア スタンリー・キューブリック アーサー・C・クラーク

ワーナー・ホーム・ビデオ 1998-11-01
売り上げランキング : 85888

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓こちらもオススメです。


脚本監督スタンリー・キューブリック
18世紀半ば、アイルランドの農家に生まれた青年バリーが
イギリスで成り上がり、没落するまでを描いた史劇作品。
3時間と長いですが、動く絵画のような映画です。
何でもニコン独自の超高感度レンズを使用したとかいう
ろうそくシーンは圧巻でした。
「美しい者も醜い者も今は同じすべてあの世」
映画の最後に流れるこの言葉はとても印象深いです。

バリー リンドンバリー リンドン
ライアン・オニール ウイリアム・メイクピース・サッカレー スタンリー・キューブリック

ワーナー・ホーム・ビデオ 2003-12-06
売り上げランキング : 47977

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  1. 2007/01/07(日) |
  2. その他(映画)
  3. | TB:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://macg4.blog92.fc2.com/tb.php/104-2cdaae2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

敢然!余すところなき86分!莞爾たる名品!

つまらんのにぶち当たって興が乗らんのが続いてたけれど、出くわしたで!超弩級。さすがキューブリックや。フィルモグラフィを辿ると、見ていない最後の映画になるなあ。まったくモノが違う!ちゅうとこや。鐔?遊硼州('57)。戦争映画に違いはないけど、もうジャンルを超え
  1. 2007/08/05(日) 17:23:47 |
  2. この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち
ホーム

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。