猫と見たもの聞いたもの

ウチの猫たちの事などを、のんびりダラダラ書いてっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

「ヘイフラワーとキルトシュー」




原作:児童文学作家のノポラ姉妹。
監督・脚本・編集:カイサ・ラスティモ監督。
主演の姉妹役には600人の応募の中から選ばれたという
カトリーナ・タフィちゃんと、ティルダ・キアンレトちゃんだそうです。

お姉さんのヘイフラワーは、いつも妹キルトシューの世話をしてあげるシッカリ者の女の子です。父親はジャガイモの研究に没頭し、母親はまったく家事ができません。なので彼女が家の事をやっているのですが、もうすぐ小学校に上がるため今までのようにはいきません。「このままでは妹が独りぼっちになってしまう」と、
悩んだヘイフラワーが取った行動とは・・・。


可愛くてほんわかした映画でした。
主に登場するのは、ヘイフラワーちゃん一家の他に人助けが好きなポッチャリ&メガネ警察官2人組と、お隣に住んでる料理上手な仲良し姉妹だけ。後は、遠くでエキストラの子たちがわーわー遊んでるくらいで。

フィンランドといえば、ムーミンと、あとアキ・カウリスマキ監督の名前しか知らなかったのですが、この作品も原作童話が人気のフィンランド映画らしくて
出てくるファッションもインテリアもかわいくてキュートでした(そういえばIKEAっぽかった)。
それに自然の描写もとてもキレイで、見てて癒されました。雑誌の特集で見てたら、フィンランドはIT先進国である反面、手付かずの緑もたくさん残っている国、みたいなことを書いてました。ネットしながら森の民として暮らすって何か憧れるな。

あと、フィンランドってちゃんと四季があるんだ。知らなかった。

ところで、この映画の姉妹のように私にも姉がいます。
映画の中で2人がケンカをした時、母親は理由が分からないと困ってましたが、自分も小さい頃は「お母さんは何で分からないんだ」と思う事がよくありました。その時期の子供の世界って殆どが家の中だから、大人からしたら大した事なくても、本人達からしたら大事件だったりするんだよな。
ちなみにウチの姉も、ヘイフラワーちゃんみたいに年上だからとガマンさせられた事が度々あったらしく、あの頃は、とかぼやかれた事があります。私の方は全然覚えがなかったけど・・。



ヘイフラワーとキルトシューヘイフラワーとキルトシュー
カトリーナ・タヴィ カイサ・ラスティモ
ティルダ・キアレント





↓こちらもオススメです
 スウェーデンの童話作家アストリッド・リンドグレーン原作の
 ふくれっ面5歳児ロッタちゃんの物語。
 町並みもキレイだし、洋服も小物も可愛いので
 ぼーっと見てても楽しいです。
 そういえば、最近ブタのぬいぶるみのパムセって見かけなくなりました。
ロッタちゃん はじめてのおつかい【字幕版】ロッタちゃん はじめてのおつかい【字幕版】
グレタ・ハヴネショルド ヨハンナ・ハルド アストリッド・リンドグレーン



  1. 2007/02/04(日) |
  2. その他(映画)
  3. | TB:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://macg4.blog92.fc2.com/tb.php/125-b9b6f94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。