猫と見たもの聞いたもの

ウチの猫たちの事などを、のんびりダラダラ書いてっております。

「プラダを着た悪魔」

PURETA.jpg



監督 デイビッド・フランケル
出演 メリル・ストリープ アン・ハサウェイ他


働く女性のための元気映画。
ジャーナリストを目ざし、NYに来た女性アンディは、ひょんな事から「ランウェイ」という誰もが憧れるファッション誌に就職する事になります。彼女の仕事は編集長ミランダの第二アシスタントでしたが、いつも無理難題ばかり要求され(嵐の夜に急に電話を掛けてきて、飛行機をチャーターしろとか。ハリーポッターの出版前の原稿を4時間以内に用意しないとクビとか)そのせいで、私生活もぐたぐたになってしまいます。
自分のジャーナリストとしての能力に自信とプライドを持つ彼女は、こんなバカらしいファッション誌のアシスタントなんてすぐに辞めてやると、最初のうちは、ふてくされます。でも何にでも興味を持ち、真剣に向き合うよう考え方を変えることで、しだいに仕事の面白さを学んでいくのでした。

アンディ(アン・ハサウェイ)が、仕事を覚えるに伴って服装も洗練されていく課程は見ていて楽しいです。会社にいたら誰でも一度は陥ったりするミスや問題など、共感する場面も多く、アンディの前向きな生き方に、見終わった後は、スッキリしました。
メリルストリープが演じていたミランダという女性の実際モデルは、アメリカン・ヴォーグ誌のカリスマ編集長アナ・ウインターという方みたいです。映画のエピソードに負けず劣らず、ご本人も相当強烈でワンマンらしいですが、そんな破天荒さが通じるファッション業界ってなんだか不思議な世界だなと思いました。

ところで、私などはオシャレ雑誌を眺めるのは好きですが、着る服に関しては冗談みたいに無頓着で・・・。前いた会社でも、いつも同じ服着てたし、仕事終わんない時は、メンドくさいから、そのまま床で寝てました。そんなボサボサな生活のせいで、ちょっとハズカシイ思いをした事もあります。
ある日、事務所に泊まって、取引先の代理店に届け物に行ったら、エレベーターでイギリス紳士風な青年と一緒になった事があって。そしたら、その方、私の頭のてっぺんからつま先まで見て
「ここの会社の方?」と不審そうに聞いてきたのです(もちろん日本語ですヨ)。違うと答えたら、なぜか安心されて。
多分こんな野暮ったいカッコした奴が、なんでウチで働いてんの?みたいな感じだったんだと思います・・・。

でも、今思うとオシャレな服装は無理でも、靴の汚れは拭くとか、ちゃんと化粧するとか、社会人として最低限の身だしなみにはもう少し気を使うべきでした。一体どんなカッコしてたんだって感じですが。
もしかしたら、あのイギリス青年は、そういうとこ見てたのかも。いや、分かんないけど。
(文、少し修正済)




プラダを着た悪魔 (特別編)プラダを着た悪魔 (特別編)
メリル・ストリープ
ローレン・ワイズバーガー
デイビッド・フランケル

20世紀フォックス・
ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007-04-18


↓同じファッション業界つながりということで


脚本・監督 ロバート・アルトマン
パリ・コレの表と裏を通して、モード界の人々を面白く批判した作品。オシャレ~な服や美人なモデルさんだらけで見た目もゴージャスです。一時期、この映画のサントラが好きで(特にザ・グランベリーズのプリティって曲がいい感じで)よく聴いてました。
プレタポルテプレタポルテ
ジュリア・ロバーツ
ティム・ロビンス
キム・ベイシンガー

ソニー・ピクチャーズ
エンタテインメント
1999-04-02


  1. 2007/01/07(日) |
  2. その他(映画)
  3. | TB:0
  4. | コメント:2

コメント

ありがとうございます。絵は楽しいのですが
実は、文を書くのが苦手で(オイオイ)あまり更新しなくなってました。

「妖怪大戦争」(けっこう好き)みたいで、面白そうな映画だなと予告編で思ってたんですが、そうなんですか。残念。田中麗奈の猫娘が、すごいツボにはまってたんですが。
  1. 2007/05/01(火) 06:09:10 |
  2. URL |
  3. いなほ #-
  4. [ 編集]

おや、絵は久しぶりですね!
やっぱり上手い、いい味出てます。
この映画も面白そうですね。
アタシは今日子供とゲゲゲの鬼太郎観て来ました。
…悪くないけどイマイチ。
  1. 2007/04/30(月) 23:54:51 |
  2. URL |
  3. リリー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://macg4.blog92.fc2.com/tb.php/160-2004e3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム

FC2Ad