猫と見たもの聞いたもの

ウチの猫たちの事などを、のんびりダラダラ書いてっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ル・コルビュジエ展に





「建築とは住むための機械である」
先日、森美術館で開催されてるル・コルビュジエ展に行って来ました。

会場内では、約300点の作品が映像と模型と共に紹介されてたらしくて、なかなか盛りだくさんな内容でした。
自宅のアトリエや、ユニテ集合住宅など、実寸大で内装が復元されてて中に入れたりして、とても新鮮でした。

特に、晩年を過ごしたという別荘の内装が
意外にコンパクトで(豪邸に住まわれてたのかと勝手に思ってました)
彼の目指す人間的な生活がそのまま凝縮されてるようで興味深かったです。

絵画と建築作品の雰囲気が連動してるのも、観てても面白かったです。(なかでも「暖炉」という絵が印象的だでした)

・ル・コルビュジエ展(~9/24)
森美術館http://www.mori.art.museum/jp/

・コルビュジエの作品を所蔵してる大成建設のギャラリー
ギャラリー タイセイhttp://www.taisei.co.jp/galerie/






 

    明け方の六本木ヒルズの正面入口辺り。撮ったのはまた別の日ですが。


    美術館&展望台の入り口へと続く階段(の天井・・・)


    タワーの展望台から街を見下ろしたところ。建物小っちゃ。
  1. 2007/07/03(火) |
  2. photo
  3. | TB:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://macg4.blog92.fc2.com/tb.php/211-2536bced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。