猫と見たもの聞いたもの

ウチの猫たちの事などを、のんびりダラダラ書いてっております。

「サマータイムマシンブルース」





監督は本広克行監督。
劇団「ヨーロッパ企画」の戯曲を
ベースにした作品らしいです。


テンポがすごい良くて、台詞のかけあいも絶妙で面白かったです。
最初に、いろんな伏線が張られてて、話が進むほど
ああ、そういう事か~、と納得でした。
せっかくタイムマシンがあるんだから、もっとすごい事が
できそうなのに「あまり遠くに行くと、戻れなかったら困るから」という
理由で、昨日に行っちゃうってところが、何か庶民的で可笑しかったです。
でも、実際、同じような立場だったら私もそうかも・・・。

そういえば大学生の時って時間だけはあるから、こういう
ワケわかんない事を一生懸命やってたかもしれない・・・。


踊る大捜査線のちょい役で、スタートレックの衣装を来てた人が
同じ衣装で出没してたりとか
升毅さんが神様の役もしてたりとか、
クスッと笑える小ネタもいっぱいで面白かったです。


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)サマータイムマシン・ブルース
瑛太 上田誠 本広克行


  1. 2007/02/01(木) |
  2. その他(映画)
  3. | TB:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://macg4.blog92.fc2.com/tb.php/27-03308d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム

FC2Ad