猫と見たもの聞いたもの

ウチの猫たちの事などを、のんびりダラダラ書いてっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ヴァロットン展 三菱一号館美術館

baro.jpg

先日、ヴァロットンの回顧展に、終了間近で行ってきました。
この画家の方の名前からして、始めて知ったのだけど
上流階級の日常を皮肉ったり、冷ややかな目線で女性を描いてたり・・・
奇妙な空気感の作品ばかりで面白かったです。

風景画(『白い砂浜』、『ロワール川岸の砂原』)も、描かれてる対象は普通なのに
どこか非現実で、色味が妙に明るくて不思議な感じでした。
ポストカード買おうと思ったら、やっぱり人気だったのか
すでに売り切れちゃってた。。

版画も、構図が日本的で、
(画家自身、浮世絵のコレクターだったらしいです)
↓特に、猫と娼婦を描いた『怠惰』という作品が
白黒のバランスが綺麗でいいなあ、と思いました。


baro2.jpg
  1. 2014/09/28(日) |
  2. photo
  3. | TB:0

トラックバック

トラックバックURL
http://macg4.blog92.fc2.com/tb.php/500-49173df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。