猫と見たもの聞いたもの

ウチの猫たちの事などを、のんびりダラダラ書いてっております。

「SURVIVE STYLE 5+」

SURVIVEMINI2.jpg


六本木に国立新美術館がオープンしたので行きたいなあと思ってたら、美術館のロゴつながりでテレビで佐藤可士和の特集をやってました。
で、その佐藤可士和さんがタイトルバックデザインをやってたって雑誌で読んで
なんかかっこ良さそうだなあと「サバイブ スタイル ファイブ+」を観てました。

内容は
・何回殺しても生き返る奥さんと
 それでも殺し続ける夫との奇妙な愛の日々をつづった話
・CMプランナーの女性が、プロの殺し屋を雇って
 いけすかない恋人の催眠術師を殺すという話
・鳥になった父と困惑する家族、それを受け入れる息子の話
・泥棒をして自分探しをする若者達の話。しかもホモ。

といったシニカルなエピソードの数々が交わいながら同時進行していくというもので
観終わると、石野卓球と岡村康幸のカムカムベイベ~が頭に残って離れなくなってました。
「一生懸命やるのはね、当たり前なの!」、「海外の人としか仕事しないの私。」
小泉今日子扮する、勝ち気なCMプランナーのセリフは、聞いてて何て言うか豪快でしたが、実はいろいろ葛藤を抱えてたんだ、と最後はちょっとしんみりしたり。

映像は、極彩色で、妻役の橋本麗香さんの衣装もすさまじいものがあったし、派手派手ミュージックビデオ見てるみたいでした。
最後のシーンを初めてみた時、「イヤ、ありえないから」と思わずつぶやいてしまいましたが
そういえば現代のおとぎ話って設定なんだよな。




SURVIVE STYLE 5+ プレミアム・エディションSURVIVE STYLE 5+ プレミアム・エディション
多田琢 関口現 浅野忠信




  1. 2007/01/07(日) |
  2. その他(映画)
  3. | TB:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://macg4.blog92.fc2.com/tb.php/86-b6f69dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム

FC2Ad